検索
  • ryo @ Ryo's Miniature Works

マイクロサイズの基板と筺体

更新日:1月7日

以前とても小さなサイズの作品を作ったことがありましたが、同じくらいのサイズでまた作りたいとずっと思っていました。


そのときに作った基板はいろいろと無理をしていたので、次はなるべく無理のない仕様の基板が作れるようになってからと思っていましたが、それがようやく実現しそうです。

新しいマイクロ基板
新しいマイクロ基板

上の画像は工場生産で作った18x18mmサイズの新しい基板です。ATtiny1616というマイコン、ボタン電池(CR1220)から3.3Vを作る昇圧回路、タッチセンサICが載っていて、LEDは4灯駆動できます。以前のやつは確か2灯でした。プログラム書込み用のコネクタもちゃんとついています。


テストプログラムを書き込んで、きちんと動作することを確認。タッチセンサも機能しています(点滅が速くなる)。


これに最大限小さな筺体を被せたのがこちら。

マイクロ筺体の正面
マイクロ筺体の正面
マイクロ筺体の背面
マイクロ筺体の背面

3Dプリントのフレームを使ってギリギリまで小さく、かつなるべく簡単に作れるように設計しました。これより小さくする方法はちょっと思いつかない。

マイクロ基板用のフレーム
マイクロ基板用のフレーム

こうしてみると小ささが分かると思います。これの上面に建物なりなんなりを取り付けて作品の形にすることになります。どんなものを作るかはまだ考えていません。


34回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示