検索
  • ryo

作品紹介:山上のレストラン

最終更新: 2019年9月24日


デジタル背景方式の試作品です。言い方は大げさですが、要するに、ミニチュアの裏にスマホやタブレットを置くという安直なお話。でも、立体のミニチュアと平面の絵がうまくなじむようにするには、いろいろと気を使う必要があるはずです。

試しにやってみたら意外といい感じ。背景は絵描きの友人に描いてもらいました。デザフェスVol.40はその彼との共同出展なので、これもコラボ作品として出展します。目論見としては、映像を静止画ではなく動画にして少しずつ変化させてみたいと思っています。どんな風に見えるかはまだ分かりません。やってみてのお楽しみ。

こうなっているわけです。この背景はネットから拝借した画像を組み合わせたテスト用。

ミニチュア部分はそれなりに力を入れて作ってあります。この写真は仕上げ前のもの。

建物周辺のアップ。ドアの横のランプには光ファイバーが通してあるので、対応するピクセルの色を変化させれば、ランプを点けたり消したり、光の色を変えたりできるはずです。

左側が寂しいので木を置きました。エナメル線の束をよじって作った幹に色を塗って葉っぱをまぶす、という模型製作における定番的な作り方です。ただし、このスケールだと枝をそれほど細かくは作れない(作るのが大変な)ので、細い糸に葉をまぶしたものを枝に接着しています。結局きちんと細い枝を作るのとどっちがマシか、というくらい大変でした。

#箱街工房 #山上のレストラン

17回の閲覧

© 2015 by Ryo's Miniature Works. Proudly created with Wix.com