検索
  • ryo

作品紹介:風船ゾートロープ

最終更新: 2019年9月24日


以前人が歩いて見えるミニチュアを作りましたが、ゾートロープの原理を試すための試作品だったこともあって回路基板がむき出しの外付けでした。

次はきちんと筐体の中に回路基板が収まったものにしたい、と思って作ったのが今回のものです。この中に電源を除く全てが収まっています。電源にはUSBモバイルバッテリを使います。

写真では人がもやっとしか見えていませんが、実物ではこれが動いて見えます。人が風船を膨らまして上に放るという動きをしています。人がたくさん並んで見えているのはご愛嬌。本当は中央の人だけにフラッシュが当たるようにしたかったのですが、なかなか光を絞るのが難しくてこうなりました。

また、縦に長いので上下2つのフラッシュ光を使っていますが、真ん中あたりに光が十分に届いていなくて、途中風船がかすれてしまいます。完璧なものができるまでには、まだまだ試行錯誤が必要そうです。

大きさは4cm x 4cm x 6cm。と言われても分かりづらいので iPhone 5s と並べてみました。

それでも分かりづらいので、手に持ってみました。ここまで小さく作る必要もなかったなと、後になって思うのですが、作っているときは割と行き当たりばったりです。

アップにしてみます。例によって壁のレンガは一枚一枚貼ってます。風船は最初もっとカラフルに塗っていたのですが、視認性が悪いので同じ色に塗り直しています。その重ね塗りがいまいちうまくなくて少しまだらになっています。

持ち運ぶにはケースが要ります。ピッタリサイズの段ボールケース。こういうのが意外と手間です。わざわざCADで図面を引いて作りました。

#箱街工房 #風船ゾートロープ

0回の閲覧

© 2015 by Ryo's Miniature Works. Proudly created with Wix.com